近年、ドローンは林業・農業・建築土木業などさまざまな分野で導入が拡大しております。
特に、急峻な山林を有する地域ではドローンの利活用による作業効率の向上に大きな期待がもたれており、多くの自治体等において実証実験が行われております。
この度、当会が導入した林業用ドローンである森飛-MORITO-は、苗木や資材の運搬作業に特化した機体となっており、イラストで示した通り、高低差100m、水平距離300m程度の現場においては、1日で約8,000本の運搬が可能となります。

こんなものでも運搬して貰えるのかな?等のご要望や質問等ございましたら、当会事業部業務課へお気軽にお問合せください。